テレビ電波障害とは?

テレビの電波障害には様々な原因があります。

テレビの電波障害送電線による障害

テレビの電波障害家庭用家電製品等による障害

テレビの電波障害マンションやビル等の建築物による障害

テレビの電波障害無線の送信機による障害

近隣に10m以上の建築物が建つと、その周辺にテレビ電波障害が発生する可能性があります。
都心部では高層ビルや高速道路、鉄塔などの影響で電波が遮られる遮へい障害と、反射した電波による妨害で反射障害が起こります。その改善策として都市受信障害共聴が普及しました。
一般的に、高いビルの屋上などに共同のアンテナを設置し、ビルの遮へい地域などに共同受信用のケーブルを張り巡らします。

他にも様々な原因が考えられます。
以下に【建築物による電波障害】の種類をご紹介いたします。

遮へい障害

遮へい障害アンテナの方向に10m以上の建物が建った場合、電波が遮へいされて建物の影になる部分のテレビ電波が弱くなります。画面にノイズが発生したり、ゴーストが目立つようになります。一般的にビルの高さ、横幅が大きい場合や送信アンテナから遠いほど障害範囲は大きくなると言われています。

 

テレビ電波障害の事前調査・防除工事は当社にお任せ下さい!

大東通工株式会社では、電波障害でお困りの方に対して事前調査と電波障害の防除を行っております。電波障害でお困りの方は当社へお気軽にご相談下さい。

テレビ電波障害の事前調査・防除工事は当社にお任せ下さい!お見積もり・お問い合わせはこちらから

 

Copyright© 2008-2015 大東通工 株式会社 All Rights Reserved.Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ